スポンサーサイト

  • 2020.01.06 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ブログを移転しました

    • 2020.01.06 Monday
    • 12:00

     

    ご訪問ありがとうございます。

     

    ブログをお引っ越ししました。

     

    ⇒ The Magic Carpet

    エネルギーの波紋

    • 2020.01.05 Sunday
    • 13:00

     

    「あなたの前向きな思考や感情は、全体のエネルギーを引き上げます」

     

    私たちはみな、エネルギー体です。

    無意識のうちにも、影響しあって生きています。

     

    あなたが前向きな思考・感情・意図をもとにとった行動、そのエネルギーは波紋のように伝わっていきます。

     

    また、前向きな思考・感情・意図をもっていれば、ネガティブなエネルギーに接したとき、そのネガティブさが波及するのを弱めることもできます。

     

    たとえば、混み合っている電車で、降りるときに意図的にまわりの人にぶつかったり、必要以上に押しのけたりしながら降りていく人がいます。

    自分が日頃抱えるイライラを、他人にぶつけているのでしょう。

    そういう人にぶつかられたとき、自分も「イラッ」としてしまうこともあるでしょう。

    「イラッ」とした感情を消化しきれないでいると、さらにイライラするような出来事に遭遇するかもしれません。

    (ネガティブなエネルギーの波及)

     

    でもそこで、そのような人を反面教師にすることもできます。

    「イライラを他人にぶつけるしかないなんて気の毒な人だな」と、客観視することもできます。

    (ネガティブなエネルギーの中和)

    そこでネガティブなエネルギーの波及が止まります。

    エネルギーの切り離しができる人は、そのような思考もいらないくらい、影響をうけずにいられます。

     

    ポジティブなエネルギーも波及します。

     

    自分が日頃どんなエネルギーを発しているか、自覚しておくことが大切です。

    ネガティブな出来事に遭遇したり、ネガティブなニュースを見聞きしたとき、そのようなエネルギーを引きずっていないか、気をつけてください。引きずっていたら、切り替えることが重要です。

     

    あなたも、エネルギーの発信源なのです。

     

    • 0
      • -
      • -
      • -

      2020年1月11日 かに座満月の月食

      • 2020.01.02 Thursday
      • 12:00

      2020年1月11日未明はかに座で満月、そして月食です。

       

      日本(東京)でのこの時間帯の天体配置図(ホロスコープ)は画像のようになります。

      円の中の左下にマーク(天体を表します)が集まっています。

      これらは、現在やぎ座に集結している木星、太陽、水星、土星、冥王星を表します。

      これら5天体と向き合うように、右上にかに座の月があります。

       

      この図を見ていると、まるで虫眼鏡で光を集めるような「集光」が行われるかのようです。

       

       

      個人のホロスコープとの兼ね合いで考えると、この配置はとくに活動サイン(やぎ座・おひつじ座・かに座・てんびん座)に天体が入っている人、とくに太陽や月が入っている人への働きかけが強そうです。

      天体が入っていなくても、バースチャートの「軸」の位置によって、かなり強烈に働きかけがくる(きている)でしょう。

      (私自身、自分のバースチャートではこの配置からばっきばきに働きかけがきそうな位置に太陽や金星が入っています!(笑))

       

      かに座のテーマとして重要なのは情緒面の安定や安心・安全の感覚です。

      やぎ座のテーマとしては、自分の目標に向けて、自分なりのやり方で行動すること。社会の中で力を発揮すること。野心をもつこと。(人を押しのけて成功するような野心ではなく、能力をばりばり発揮して自分を輝かせるような野心です。)

       

      調子がすぐれない人はあせらずに、自己メンテナンスをしっかりやりましょう。

      (調子がよさそうな人と自分を比べないでくださいね!)

       

      自分の進む道から外れてしまっている場合、外側の出来事または体調の変化によって、強力な軌道修正がはかられることがあります。

      気がつくことがあったら、修正してください。

      これに関しては、これまで(2019年)もずっと軌道修正がはかられるような天体配置がきていましたから、もう何が問題か、わかっている人も多いと思います。

       

      調子が悪くない人は、「野望(ambitions)」を抱くといいです。

      「いまの状況じゃ、とうていムリ」のように思えるようなことでも、自分のために願ってほしいのです。

      (だから「野望」と書きました。)

       

      大抵の人は、自分にフィットしないシステムやルール、枠組みの中で生きています。

      でもそれも、変わっていきます。

      変わっていきますけれども、外側のことが変わるのを待っているのではなく、自分の頭の中にある「枠組み」「思い込み」も自分から変えていく必要があります。

       

      また大人は、誰かが決めた子供たちにフィットしていない枠組みに、子供たちを押し込めるのをやめなければいけません。

      「不安」にもとづいて、子供たちを「システム」に押し込めようとするのを、やめるのです。

       

      それぞれの人が、自分なりの「殻」を破るときです。

      私も、取り組んでいます!

       

      2020年 よろしくお願いいたします

      • 2020.01.01 Wednesday
      • 19:00

       

      2020年を迎えましたね。

      本年もどうぞよろしくお願いいたします😊


       

      年末にうちの娘が、2日前に買ったばかりの電車の回数券カードを紛失して、しょんぼりして帰ってきました。

      名前が書いてあるものでもないし、見つからないだろうとは思ったのですが、翌日、念のために駅の窓口で尋ねてみました。

      そうしたら、なくしたその日に、駅に届けられていたのです。

      (購入した駅や、額面、あと何回分残っているかなどを伝えて、特定してもらうことができます。)

      ダメ元でも、聞いてみるものだなあと思いました。

       

      些細な出来事ではあるのですが、

      一連の出来事で、なにかエネルギーがポジティブな方向に変わりました。

       

      あきらめずに「扉をたたく」のは、大切なことだなと感じました。

       

      ちなみに、もし回数券カードが見つからなかったとしても、それはそれでなにか見えてくるものがあっただろうとも思います。

      たとえば娘にとっては、「しょんぼりするような出来事があっても、気持ちを切り替える」という経験になっていたかもしれません。


       

      さて、今月は1月11日未明に、(さっそく)月食が起きます。

      やぎ座に集結している太陽・水星・土星・木星と、かに座の月という5天体がからむ月食です。

      ちょっと度数は離れますが、今年は木星もやぎ座に入っています。

       

      強烈な感じの、太陽と月がかかわるビッグイベントですが、どのように感じるかは人によってかなり違いが出るかもしれません。

       

      「社会やコミュニティーの一員であるという意識」と「プライベート重視」のバランスをとる

      「前向きな思考」

      「ユーモア・楽しむこと」

      などのキーワードが、ホロスコープを見ていたら浮かびました。

       

      2019年ありがとうございました!

      • 2019.12.31 Tuesday
      • 11:01

      月の満ち欠けや天体の動きを見ている身としては、「一年」という区切りがときどき不思議になりますが、なにはともあれ2019年が終わりに近づいてきました。

       

      今年、ブログを見に来てくれた方、セッションやメールメッセージなどでかかわりをもてた方、どうもありがとうございました。

      このような気まぐれ更新ですが、ときどきブログのご感想をいただいたり、「ブログ見ました」と言って(書いて)いただいたりしたのが、とっても励みになりました。

       

      今年だけではありませんが、セッションでもメールメッセージでも、

      申し込んでくださった方の中には、約30年周期のサイクルの変わり目(占星術の用語で「プログレスの新月」と言います)をちょうど迎えたか、この2、3年の内に迎えるという方がいました。

      割合としては、けっこういらっしゃったように思います。

      (「プログレスの新月」以外の「変わり目」「転機」を迎えている方も少なくありません。)

       

      ちょうどそういう時期に、ご自分の状況を客観視したくなる人が多いのではないかと、思っています。

       

      2019年は私にとって、無自覚だった固定観念に気づかされることがいくつかありました。

      そのおかげで、考え方がだいぶ変わってきたところもあります。

      私自身、取り組む課題があります。

       

      2020年は、引き続き社会的に多方面での変化がありそうですが、2019年とはまた違う様子の年になりそうです。

      いろいろありますけれども、面白がれることは面白がって、過ごしていきたいですね。

       

      それでは、みなさまどうぞよいお年をお迎えください☆彡

       

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      << February 2020 >>

      selected entries

      categories

      archives

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM